体は乾燥しないのに顔だけ乾燥する

顔だけ乾燥

 

乾燥肌で悩んでいる人って多いですよね。特に今の時期って気候の変わり目だから余計悩んでいる人が多いです。
かくいう私も最近鼻の横とか、口元などが乾燥気味で赤くなったり目立つので嫌なんですよね。

 

ところでお肌の乾燥ですが、体はそんなに乾燥していないのに顔ばかり乾燥する人っていますよね。
顔って一番目立つ部分だから他の部位は乾燥しないのにどうして顔ばかりとお嘆きな人って多いはず。

 

原因としては顔は常に露出した状態だからどうしても乾燥しやすい。
体は衣服を身につけていたり紫外線にさらされる時間も顔に比べたら少ない。ですので顔は乾燥しやすい環境ということになります。

 

ワセリン

洗顔をしたあとにワセリンを塗るといいと聞いたことがあります。でも効果は感じられないしベタベタするので使いづらい。

ワセリンの原料は原油になります。原油を高純度に生成して作られたもので皮膚を守ってくれる保湿材という定義になります。
なので乾燥には万能な気がしますよね。

 

しかしワセリンはお肌の表面のNMF(天然保湿因子)の働きをサポートしてくれるものの、肌内部には浸透しないんです。
化粧水や乳液は角質層まで浸透しますが、ワセリンは角質層までは浸透しません。
ですので乾燥したから昔からあるワセリンで・・というのはちょっと待ってとなります。

 

またいきなり油分たっぷりのワセリンを塗るよりも、段階を踏んで化粧水と乳液でお肌を潤してから、仕上げにワセリンという使い方の方が、
お肌の内部も潤うし表面も保湿されるのでいきなりワセリンでお肌を包んでしまうと水分が内部に浸透しなくなるので注意が必要です。
化粧水の二度塗りの方がワセリンを使いよりも効果があるので試してみてください。

 

洗顔方法で改善

あとは洗顔を石鹸ではなくて水だけでしてみるのもいいとテレビでやっていたので試してみましたが、

汚れが落としきれないので、私の場合は白ニキビができてしまいました。(1ヶ月ほど試した結果です)

 

乾燥しすぎるのは洗顔石鹸の使いすぎで皮脂を落としてしまうからかなと勝手に思っていましたが、
今の洗顔石鹸は中には保湿効果のあるものもあるので、朝の洗顔は洗顔石鹸でしたほうが、天然の皮脂が分泌しやすくなりいいようです。

 

体は乾燥しないのに顔だけ乾燥してしまうという人は、洗顔石鹸でしっかり洗ったあと、化粧水の二度塗りや乳液を忘れないで付けるということを、
根気良く続けることで改善していくのではないでしょうか。
ご自分のスキンケアをもう一度見直してみることで、顔の乾燥の悩みを解決出来るかもしれませんね。

 

アテニアお試しトライアルセットは1500円トップページに戻る